日興グローバルラップは、運用プロダクトの目標および今後の市場環境見通しを踏まえた上で、投資対象となるファンドのスタイルやリスクを精査し、多角的な分析・シミュレーションを行なった上でポートフォリオを構築します。

また、ポートフォリオの品質を維持するため、組入ファンドについては、継続的に厳格なモニタリングを実施します。

組入れファンドの特性や今後の市場環境見通しに変化があった場合は、組入れファンドやその投資比率の見直し、さらには資産配分のリバランスを行い、ポートフォリオの適正な管理・維持に努めます。

ポートフォリオ構築・運用体制

投資政策委員会(原則月次、必要に応じて随時開催)、運用目標の設定(中期的な目標リターン、想定リスク)、市場環境見通しの確認/ファンドのスタイルリスクのチェック、組入れファンドの選定・変更/投資比率の調正、運用状況(パフォーマンス、リスク)のモニタリング

ホーム Home

企業情報 About Us